一発逆転を狙うのかコツコツやるのか。前世療法について思うこと

前世療法に関する本を読みました。

本当にー?なんて
ついつい思ってしまうくらい
綺麗にまるっと解決されている
数々の事例が書かれていました。

僕も以前
前世療法を受けたことがあるんですけど
今の人生に
関係ありそうな、なさそうな
なんだかなぁ〜
という感じだったんですよね。

その後
エクトンの個人セッションを受けた時に
必ずしも前世を見る必要はありません
と言われたので
それ以降あまり
気にしていませんでした。

ちなみに前世療法とは

現在抱えるトラウマや問題を
関連する過去生のイメージを
見ることによって

気づきを得て
トラウマや問題を捉え直すことです。

何かを直すわけではないんですね。

より大きな視点から
捉え直すことよって
今体験していることの意味が
変わるんですね。

でも
じゃあ
トラウマや問題を解決するには
前世療法しか
方法はないのかというと
そんなことはないんですよね。

前世に原因があったとして
問題は
今世に現れていて

それが分かっていて
あえて私たちは
今世に生まれてくることを
選択したのだから

きっと
今の自分の状態にあった
色々なやり方が
あると思うんですよね。

前世療法は
確かに素晴らしい方法だと思います。

でも
一発逆転過ぎるというか
劇的過ぎるんですよね。

そこまで行く前に
本当は
やれることがあるのではないか
と思うわけです。

なぜなら
前世療法を受けるということは
問題がそれなりに
大きくなってしまっているはずだからです。

そこまで
大きなる前に
予兆というか
自分の感情を感じる機会が
あったはずなんですね。

そして
辛い経験なんて
必ずしも必要ないと思うんです。

もちろん
そのおかげて
多くのことを学ぶことが出来た
とも言えるのだとは思います。

だから
人それぞれなんですけど

子供の頃から
コツコツと
自分に向き合えるのなら
そうしたい人にとって
良いのではないかと思うんですね。

全ての人が
一様に
同じ価値観を押し付けられて
それが合ってる人もいるし
合っていない人もいるわけです。

そもそも
一発逆転を決めてきている人も
いるでしょうしね。

要は
選択肢を増やしたいんです。

生き方は
もっと色々とあることを
伝えていきたいんです。

常に自分が
何を感じているのかに気を配り
思考や観念の微調整をしていくんですね。

とはいえ
そんな教育は
ほとんどの人が受けてないですし

むしろ
我慢すること
頑張ることを
強要されてきたわけですよね。

だから
大切な気づきは
どんどん後回しにされて

もう
にっちもさっちもいかなくなって
一発逆転を
狙うしかなくなってしまうんですね。

人は
自分は全てを知っている
という感覚だけを持って
全てを忘れて生まれてくるんですよね。

でも
散々
教育されまくってしまって

自分のその大切な感覚を
別のもので埋もれさせてしまう。

そして
何を信じたら良いのか
分からなくなり
自分の外に
答えを見出そうする。

でも
答えは
自分の人生の中にあるし
自分の中にある。

自分の感情に
コツコツと向き合っても
前世療法を受けても
結局
行き着く場所は
自分の中なんですよね。

自分の中にあるものを信じて
コツコツとやってもいいし
前世療法を受けて
事の全体像を理解してから
取り組んでもいいと思います。

それぞれが
自分の人生を
今の状況を信頼して
自分で決めていければ良いと思います。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。

NO IMAGE

信頼し委ねることは、大いなる存在とバランスをとること

人生とは 板を操作することでも ただハンドル切るだけでは 思う通りにはならないのかもしれません。 それは この自分と 自分を超えた存在との共同作業です。 もともと ワンネスなんだから バラバラに動くよりも 一体となったほうが自然ですよね。 決してそれは 人生そのものを 明け渡すということではなく もっと大きな自分との バランスをとること。

NO IMAGE

今あるものだけで、すべてはうまくいく

今あるものだけで 今ある願望だけで 十分だと思える人もいるんですよね。 エイブラハムも言ってますけど この世界で何かを体験すると 願望のロケットが打ち上げられて 波動の現実に 実現させているそうなんですね。 だから 今 わざわざ 何かを意図する必要はなく 本当の自分が望むことは 現実化を待っている状態なんですよね。 やることは ただそれを許すこと。