2014年09月一覧

NO IMAGE

新しい観念作りの担い手『舟を編む』

絶対的な 正しい言葉の使い方があるわけではなく 常に変化していく言葉を 誰にとっても 使いやすい状態に保っておくための道具 それが 辞書という観念。 時代と共に自由に形を変えていく観念。 誰かに媚びることなく 自分が正しいと思う観念を 常に選びとっていく そのための指針となる観念 コアな観念 それが 明らかになることよって 定義されることによって その言葉が 自分にとって 心地良いかどうかの 相応しいかどうかの 判断が容易になる。

NO IMAGE

あなたの夢を実現してくれるもの

というか 人生は ある意味 既に報われていると思うんですね。 それなのに さらに 報われるために努力するというのは 現状を否定することになってしまい 結局 報われないと思える状況を 引き寄せてしまうのではないと思います。 松本さんが言うように 大切なのは 自分は既に 報われているんだと 知っていくだけでいいのかもしれません。