複雑さを経て、シンプルさが飛躍させる

『エイブラハムの教えビギニング——「引き寄せの法則」で人生が変わる」』
によると

石油って
過去の文明が残してくれたもの
なんだそうなんですね。

ネットで調べてみると
石油がどうやって出来たのか
分かっていないそうです。

それを人類が
使っちゃっているなんて
なんとも凄いことですけど。

そこでふと思ったのが
シンプルって
こういうことなのかな
ってことです。

今現在
日本など
石油が産出されない国で
石油を使うためには

中東なり
ロシアなり
アメリカなり
掘り出して
タンカーで運んだり
パイプラインを引いたり
しなくてはなりません。

さらに
中東などは
政情が
不安定な場所であったりするので
海賊が出たり
紛争が起きたりして
軍隊を派遣する必要があったりします。

さらに
備蓄しておく設備と場所が
必要になります。

とにかく
複雑で
コストと労力が
かかってしまいますよね。

もしかしたら
前の文明の人たちは
シンプルで素晴らしい
石油の製造管理システムを
築き上げていたのかもしれないって
思うんですね。

地球内部のある層に
あることをすることによって
石油が作り出され
そこに溜めておくことが出来る。

地球上のあらゆる場所で
穴を掘れば
石油を取り出せる。

これは
あくまでも
妄想ですけど

あながち
なくもないですよね。

そして
もしかしたら
石油を牛耳っている人たちって
それが分かっていて
石油が足りないとか言ったり
トラブルの多い場所で産出させて
軍事費など
どんどんお金を使わせるように
仕向けているのでは

なんて
さらなる妄想が膨らんできます。

複雑にして
分からなくさせて
人々を
コントロール下におく。

原子力が最たるものなんですけど
制御出来ないものを
なんとか制御しようとして
あらゆる仕組みを
複雑にしてしまっているように
見えるんですね。

先ほども書いたように
地球のある層に
石油をとどめておけば
安定的に存在して
必要な時に必要な場所で掘れば
石油を使うことが出来る。

前の文明の人たちは
もう石油が必要なくなるくらい進化して
そして
後世のために
残しておいてくれたのかもしれないですね。

私たちも
そこまで進化出来るのか。

進化とは
複雑になることではないと思うんですね。

むしろ
シンプルに向かうこと。

そして
シンプルになるためには
自分で何もかも
やろうとはしないこと。

任せること
流れに乗ること。

石油も
あるちょっとしたことをして
地球に任せるだけで
製造してくれて
保管管理してくれるかもしれませんよね。

求めるならば
完璧なシステムは
既に用意されている。

そこに気づいて
人類は
新しい生き方を
創造していくのかもしれません。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする