自分事の範囲を広げる

日本ハムの大谷投手、
二軍戦ですが
投手としてプロデビューを果たしましたね。

結果は
あまり良くなかったみたいですけど、
やはり絵になる良い選手ですね。

元日本ハムのコーチだった吉井さんによると、
二刀流の良い点は、
打者としての経験も活かせるということだそうです。

打者が嫌がる配球など、
投手でありながら打者の気持ちも分かる
というのは大きなアドバンテージなるわけです。

投手は
自分の最高のピッチングを
するしかないわけですが、
それはあくまでも、
投手としての枠の中の話なんですね。

しかし、
大谷投手は
そこに打者としての自分も
加えることができるわけです。

自分らしさを投手だけでなく、
打者としての自分にまで
広げることが出来るんですね。

打者はこう責められると嫌がるとか、
いくら教えられても、
所詮、
それは表面上の知識でしかありません。

それをピッチングに
ちゃんと活かせるようになるには、
数多くの経験が必要になるでしょう。

それが大谷投手は、
自分の中に既にある
打者心理を感じ取ればいいわけです。

自分らしくとは、
自分の殻にこもり、
他を寄せ付けないことではなく、

他を含めて自分の世界を
形作っていくことなのかもしれません。

勝手に
境界線や限界を作らずに、
感じたい世界をそのままに感じてみる。

大谷投手には
縮こまらずに、
どんどん自分の枠を
広げていってほしいなと思います。

自分事として
物事を捉えてみる。

自分事の範囲を広げてみる。

そうすると、
当然出てくる答えも変わってくる。

一見、
複雑そうに見えますが、

細かい調整は潜在意識に任せて、
ただただ広がった自分を感じてみれば、
そこには
別の世界が広がっているのかもしれません。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする