楽しむことこそ、世界を変える原動力になる

勝負か
楽しむのか。

どっちでもいいじゃん
て言われそうですけど。

世の中には
何でも勝負にしないと
気が済まない人がいる。

一方
楽しければそれで良い
と言う人もいる。

自分で
勝負するのは苦手だけど
人が勝負しているのを
見るのが楽しいという人もいる。

技術が発展するとき
勝負が絡んでくることがある。

相手に勝つために
様々な技術が開発されていく。

今のこの社会も
争うことで
成り立ってきた側面がある。

しかし
争うことは
同時に衰退を招く。

永遠に
勝ち続けることなど
出来ないのだから。

一方
人は
楽しんで何かするとき
膨大なエネルギーと
高い質を生む。

どんなに
技術を発展させても
大衆車メーカーには
フェラーリは作れない。

あの
情熱の塊のような車(作品)は
義務感では作れないですよね。

今までは
勝ち負けを争って
発展を遂げてきたけど

それが頭打ちとなった今

楽しむことこそ
社会を変える
原動力になるのかもしれない。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする