人生の全てをこの身に感じて、全身を震わせて歌いたい

ずっと
違う世界に憧れていた。

その思いは
誰の目にも触れられず
広げた地図の上をさまよっている。

それはただの憧れ
何の根拠もない確信。

でも本当は
分かってほしい。

僕自身に分かってほしい
本当の自分の姿を。

ここにいることの方が
もっと異質なことなんだと。

今のまま
生きていくことは
ある意味
楽に違いない。

でもそれは
半分だけの自分で
生きていくようなもの。

自分が願う世界で生きられたら
その何もかもが
僕に生命を与えてくれるだろう。

溢れ出した光が
街を
人々を
照らしていく。

そんな世界を手に入れたい。

あるがままに歩きたい。

喜びや
悲しみ
人生の全てをこの身に感じて
全身を震わせて歌いたい。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする