進化成長のために、慣れ親しんだ場所を離れなくてはならない時がある

プロ野球のキャンプが
始まりましたね。

でも
今年の話題はなんといっても
メジャー行きを決断した
ダルビッシュ選手ですね。

ダルビッシュ選手は
以前
死んでもメジャーには
行かないと言っていました。

それは
日本のプロ野球に見切りを付けて
メジャーに行ってしまった人達に対する
言葉であったと思いますが

何故
気持ちが変わったのでしょうかね。

ダルビッシュ選手の
日本プロ野球への気持ちは
今でも変わらないと思います。

でも
今の日本のプロ野球の中では
真剣勝負ができない
モチベーションが上がらない
というのも現実だと思います。

メジャーに行って活躍してほしい
という周りの期待もありました。

行きたい
というよりは
行かねばならない。

心地良さはあるけれど
自分が真に望んでいるのは
自分が成長していくこと。

そのためには
新しいステージが必要。

人は進化成長するために
慣れ親しんだ場所を
離れなくてはならない時がある。

それを
自らを持って
体現しようとしているんですね。

他の選手達は
ある意味
メジャーでプレーすること自体が
目的だった。

しかし
ダルビッシュ選手は
自分のやりたい野球をするために
自分のモチベーションを保つために
メジャーを選択したんですね。

憧れた場所としてではなく
戦う場所として選択した。

そんなダルビッシュ選手は
お客さんとしてではなく
本物のメジャーリーガーとして
やってくれるのではないでしょうか。

とにかく楽しみです。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする