自分らしく生きる時、一つの場所におさまる必要はない

純粋に何かを求めた時

生まれた場所がどうだとか
属している先が違うとか
そんなことは関係ないはず。

ただ求める心があれば
どこにいても
誰といても
必要なものは与えられる。

でも本当は
一つのくくりの中では
満足出来ない自分がいる。

中途半端なままの自分がいる。

収まり切れない自分がいる。

そこでは
どんなに目を凝らして見ても
物事の核心は見えてこない。

人々が
求めるものが見えない。

なぜなら
創造の欠片たちは
あらゆる所に散りばめられているから。

それを一つひとつ集めて
自分オリジナルの
この世界を創造していく。

それこそが僕のやるべきこと。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする