やっぱり「愛」なのかも

企業家の方の、
名言と呼ばれる言葉ってありますよね。

素晴らしいなと感動しつつも、
直ぐに自分の人生に活かせるかというと、
やはり、
落とし込みが必要になりますよね。

応用が効くように、
一般化させる必要があります。

でも、
その中には、
ちゃんと普遍的な
要素が含まれていて、

エネルギーの核のようなものが、
必ずあるんですよね。

だから、
その言葉は人を惹きつける。

一方、
エクトンの言葉は、
最初から抽象化されていて、
一般化された言葉であるように感じます。

あまりに平易に語られるので、
拍子抜けしてしまうくらいです。

しかし、
その意図されたものは、
ありとあらゆるものに通じるものなんですよね。

あらゆる個々の事象を
重ねあわせた結果残った、
必要なものしかないと言えば良いのでしょうか。

ある意味、
インパクトはありません。

が、
しかし、
心にすっと入ってきます。

そして、
その言葉を理解できたとき、
ちょっと魂に震えがきちゃうんですよね。

僕は、
様々な事象に隠れた、
普遍的なもの、
核の部分を取り出して、
それと自分の中とをケーブルでつなげて、
読み取り、
変換してブログを書いています(笑)

もちろん、
エクトンの言葉は
勉強しまくっていますが、
最後は、
自分の中から出てきた言葉で書いています。

時々、
自分の中に馴染んでない言葉が
浮かぶことがありますが、
やっぱり、
その言葉は使えないですね。

全然まとまっていないですね。。。

つまり、
エクトンはやっぱり凄いということです。

じゃなくて、

本当に大切なことは、
平易な言葉や概念で
語られるものなんだなと思っています。

嫌味を言うために、
気持ちがこもらないことを言うために、
難しい言葉を引っ張り出してくるのではなく。

細分化された難しさの中には、
空っぽのエゴがあるだけです。

「愛」こそが、
シンプルに全てを内包した、
究極のものなんだなと思います。

全ては「愛」をベースに語られてこそ、
宇宙全体に広がっていくんですね。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする