シーンをイメージすれば必要が見えてくる

「プロジェクトGT−R 常識はずれの仕事術」

元日産GT−R開発責任者である
水野和敏さんの著書です。

この本には
主にGT−Rの開発の過程が
書いてあるのですが

水野さんは
全く新しい方法で
GT−Rを開発しようとしたんですね。

今ある
組織も
車に対する考え方も
何もかも変えたわけです。

その中で
何が一番大事だったのか。

それは
シーンを想像することだそうです。

GT−Rは
あらゆる路面をスポーツフィールドに変える
マルチパフォーマンススーパーカーという
コンセプトだそうなんですが

そのシーンを
思い浮かべながら開発できるか

そこに全てがかかっていたわけです。

エンジン屋は
ただ最高のエンジンを開発すればいい

ミッション屋は
ただ最高のミッションを開発すればいい

ではないわけです。

そのシーンのイメージから
落とし込んだエンジンやミッションでなければ
GT−R にとっては
役に立たないものになってしまいます。

今ある
最高のエンジンと
最高のミッションを
組み合わせれば
理想のGT−Rが出来上がるわけではありません。

それでは
エンジンやミッションのための
GT−Rになってしまいます。

そうではなく
あくまでも
最高の走りをするGT−Rのイメージための
最高のピースにならなくてはならない。

僕は
瞬間瞬間に生きるとは
今やっている個別のことに集中することだと
理解してしました。

エンジン屋なら
今眼の前のエンジンの開発に集中することだと。

でも
本当に大事なのは
理想のシーンをイメージし
その為に今やるべきことを感じ取ることなんですよね。

そうやって初めて
シーンの中のGT−Rのためのエンジンやミッションを
理解することができる。

それがまさしく
瞬間瞬間に生きるということなんですね。

そのイメージから
落とし込んだエンジン、ミッションだからこそ
完璧に連動して一本の線として繋がる。

まずはイメージすること

はっきりと
イメージすることが出来れば
自ずと今何をすれば良いのかが分かるんですね。

とは言え
人は必ず何らかの
イメージを思い浮かべ生きているわけで

まずは自分が何をイメージしているのか
確認してみる必要があるのかもしれません。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする