今、全部が揃う必要はない。その事実は、未来への期待を抱かせてくれる

自由な部分にだけ
目を向けることで
自由になれる

気分は楽になる。

この限定された現実世界では
全てが
自由になるわけではありません。

でもだからといって
不自由な部分にばかり目を向けていたら
不自由になるばかり。

あれも出来ない
これも出来ない


何も出来なくなる。

今すぐ
出来ないこと

それは
将来にとっておく。

将来の方が
より花が開くかもしれない

段階を踏んでいくからこそ
得るものも多く
完成度も高まるのかもしれない。


自由に出来る部分にだけ
目を向けるだけで
十分に気分は良くなれる。

自由な部分にだけ
目を向けるのだから
そこには
自由しかないのと変わらない。

世の中の美味しいものを
全部
目の前に
持ってくることは出来ない。

でも
限られた数の美味しいものが
目の前に揃うだけで
十分過ぎるほどに
美味しさを味わうことが出来る。

目の前のものだけで
十分良い気分になることが
出来るわけです。

いっぱい美味しいものがあっても
食べられる量には
限界がありますからね。

そこが
この制限された
現実世界の良いところ
なのかもしれません。

全て揃っていなくても
良い気分になることが出来る

未来への期待も残る

それで
十分なのだと。

全て揃っていることに
こだわるとき

それは
「ない」部分に
注目しているということ。

それは
苦しさを生みますよね。

制限を
引き寄せてしまうのかもしれません。

しかし
「ある」ことだけに注目出来れば

常に
「ある」ということを
味わい続けることが出来て

引き寄せ続けることが出来る。

これは
制限があるからこその
マジックですよね。


全部が揃う必要はない

その事実は
気持ちを楽にさせるし
未来への期待を
抱かせてくれるんですよね^^

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする