無駄なことなんて何もない

何をしたらいいのか分からない。

何をしたいのか分からない。

そう感じている人、多いと思います。

そんな人には、
とにかく目の前のことに
取り組んでほしいなと思います。

何でもいいんです。

ちょっとでも
やりたいと思えることや、
自分に巡ってきたものなど。

何でもいいからやってみるんです。

まあ、
あれこれ考えて何も出来ずにいるってことも、
それはそれで
勿体ない時間の過ごし方ということで、
時間の大切さを知ることができるわけで。

結局、
何も無駄なことなんてないんですけどね。

今、
あなたがやっていることは、
どんなことであれ、未来に繋がっています。

紆余曲折があっても、
その経験があるからこそ、今の自分がある。

僕は、
ソフトの開発をやっていたんですけど、
ある時期、
社内のヘルプデスク業務をしていたことがありました。

PCが調子悪いと言われて、
飛んでいってPCを直したりしていました。

開発業務は日進月歩なので
一度離れてしまうと、
元に戻るのは大変です。

なので
早く開発業務に戻りたいと焦っていました。

なんでこんなことやっているのだろうと。

しかし、
今こうしてカウンセラーをやっているは、
そのときのヘルプデスクの経験が大きんですよね。

PCの調子を直したとき、
ありがとうと言ってもらえる。

しかし、
開発業務では、
一日中PCに向き合い、
会議では怒られるか文句を言われるか。

ありがとう、
なんて言葉は言われたことがありませんでした。

今は、
誰かをサポートして、
ありがとうと言ってもらえる、
そんな素晴らしい仕事はないよなと思っています。

自分が
思い描いていた仕事のレールから外れたことで、
自分の歩きたい道を発見できたんですよね。

すべてが今に繋がっています。

無駄だと思えることも、
必ず意味があるんですよね。

たとえそれが
目に見えた形でなかったとしても。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする