パワーを◯◯してくれるストーン

スピリチュアルというと

まず
パワーストーンを
思い浮かべる人も
いるのではないでしょうか。

石には
確かに
何か
人を惹き付けるものが
あるような気がします。

特に
ダイヤモンドやルビーなど
宝石類は
誰の目にも明らかですよね。

オーラを感じます。

純粋性を感じますし
ブレない
固有の振動数があると思います。

それが
人の
ブレブレの振動数に
安定をもたらしてくれるんでしょうね。

しかし
どうも
僕は
石に限らず
アクセサリーなど
それほど興味が持てないんですよね。

時計なんかも
普段はしてられないです。

何かを身に付けていると
逆に
そちらに気をとられてしまうというか。

出来る限り
シンプルでいたいんですね。

それにしても
人は
何故
パワーストーンを身に付けるのでしょうか。

今の自分に
足りないものを補おうとしているのか。

例えば
洋服で考えてみると

大抵
若者ほど
ファッションにうるさく

年齢を重ねると
外見より
内面を重視するようになります。

自分らしさを
より引き出してくれるような
服を選びます。

しかし
若者は
まだ
何者にもなっていないので
外側で
仮の自分らしさを表現します。

良い悪いの話ではなく

成熟度によって
身に付けるものも
変わってくるということです。

だとしたら
身に付けるパワーストーンも
やはり成熟度によって
変わってくるのではないかと
思うんですね。

周りに影響を受けてしまうのなら
パワーストーンの力を借りて
自分を安定させる。

そして
自分の中にはっきりと
パワーを
感じることが出来るようになったら
手放す。

あるいは
ただ単に
調整するような石に切り替えてみる。

いつまでも
握りしめていることは
自分のパワーを
何かに預けたままになってしまいます。

パワーストーン
ありきではないんですね。

自分が
ここにしっかり存在するための
助けになるモノ。

それが
パワーストーンを身に付ける
意味なんだと思います。

ただ
良いと言われるから
身に付けるのでは

とりあえず
効果はあるのかもしれませんが

本当の意味で
自分を
助けてくれるモノにはなりませんよね。

無意識に
自動的に
身に付けるのではなく

「自分」を知り

何が助けになるのかを
「自分」が選択して

「自分」として
パワーストーンの力を借りる。

パワーストーンを
身に付ければ
あとは何も気にしなくて大丈夫
では無いんですよね。

あくまでも
揺るぎない自分がここにいて

パワーを
◯◯してくれるストーンがあるわけです。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする