まずは夢の中で引き寄せてみる

エイブラハムによると
夢は
現実に現れる
一歩手前らしいんですよね。

夢には
何を実現しようとしているのかの
お知らせとしての役割と

まだ
味わったことのない願望の
予行演習の役割があるそうです。

願望を叶えるためには
まるでそうであるかのように
振る舞わなくてはならない
と言いますよね。

お金持ちになりたいのなら
お金持ちのように振る舞う。

パートナーが欲しいのなら
既にパートナーが
いるかのように振る舞う。

願望が
既にかなっているかのように
振る舞うんですね。

しかし
実際に
そうなったこともない
人にとってみれば

既に
そうであるかのように
振る舞うなんて

なかなか
難しいことですよね。

そこで
夢を利用しようと
いうことになるわけです。

寝る前に
実現したいこと
なぜそれを実現したいのかを
内なる存在に
伝えるそうなんですね。

そして
実際に夢に見ることが出来たら
さらに
そこにエネルギーを注いでみるんですね。

何回も思い出し
浸り
味わってみるわけです。

ということで
なかなか
願望を思い描くことが出来ない時

まずは
夢で実現することを
目指してみたら
良いのでないかと思うんですね。

それなら
あまりプレッシャーもかからないので
気軽に出来ますよね。

それも
立派な創造です。

ただ
現実に現れていないだけで
それ以外は
全て揃っているわけですからね。

あとは
十分に浸る
エネルギーを送る
それだけなんですね。

それこそが
自分に許可を出すことであり
抵抗することを
やめることなんですよね。

いきなり本番では
不安ですよね。

だから
まずは
夢で予行演習をしてみるんですね。

夢も
現実も
ほんのちょっとの違いで
波動的には
同じなんですからね^^

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする