今までの自分を、否定しつつも受け入れる

ヒットマンが出てくる映画を
何本か続けて見ました。

最初はどれも気が重い感じがしたんですけど・・・

だったら見るなって感じがですよね。

でもまあ、
基本的にアクション映画が好きなもので・・・

どの作品も興味深かったです。

普通アクション映画って、
ある意味、
ドンパチやって終わりって感じですよね。

ピンチになるかもしれないけど、
最後はやっぱり勝つ、みたいな。

でもヒットマン映画は、
そこにしっかりした物語が存在しているんですね。

どうしてヒットマンになったのか。

普通ではまず、あり得ませんよね。

普通の生活をしていて、
なかなかヒットマンになる理由が見つかりません。

だからそこには、
納得させるための物語が必要になるんですよね。

その理由付けの部分に
それぞれの作品の味が出ていて、
面白かったです。

そして、
大抵ヒットマンは、
今までの調子を崩すような相手と出会います。

当然、動揺します。

今まで
どんなことにも動じなかった自分がどうして?

そこで
相手のペースにはまり、
自分の人生すら変えることになるわけですが。

自分には、
別の人生もあることに気付くんですね。

その新鮮さに驚き、
変わっていく姿が
ヒットマン映画の醍醐味かもしれません。

誰かに生き方を強要され、
プロフェッショナルとして生きてきた。

今、
そのプロフェッショナルとしての技のおかげで、
自分に人生を取り戻し、
周りの人たちの運命も変えることができた。

今までの学んできたことに、
全く違う新しいものを取り入れて、
自分を再構築していく物語。

今までの自分を否定しつつも、
受け入れることによって、
人生はまったく新しく生まれ変わるんですよね。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする