複雑な真実より、分かりやすい嘘『X DAY』

相棒シリーズ「X DAY」の中で
出てきたセリフなんですけど

政治家や官僚たちは
民衆に対して
複雑な真実を伝えるよりも
分かりやすい嘘を与えておけばいいんだ
という会話をするんですね。

ん〜
なんて高慢な考えなんでしょ。

でも
僕たち一般大衆も
自分たちのことをそれだけのものと
どこかで決めつけてしまっているんですよね。

それはある意味
怠慢とも言えます。

その怠慢さが
やつらの高慢さを生んでいるんですよね。

実際に
本当の所はどうなのか分かりませんが
頭の良い人達の考えそうなことですよね。

真実を
複雑にして
人々にとって見えづらいものにして
操作しようとする。

自分たちの優位性を示すために
複雑に見せる。

一方
僕たちも
真実とは
複雑怪奇なものだと思い込んでいる。

とても自分にはどうにも出来ないから
誰か頼れる人に
なんとかしてもらうしかないと思い込んでいる。

政治家
官僚
優秀さ
お金持ち
一般大衆
誰もが自分を枠にはめて
フィルターをかけて世の中を見ています。

既に
人間という
肉体という枠に押し込められているのに

脳という
フィルターを通して
世界を認識させられているというのに

さらに・・・

でも
そこから
溢れだしてしまう自分も
きっと、どこかで感じているはずなんですね。

違和感を感じる自分がいる。

決して
それは気のせいなんかではなく

それこそが
自分の本質のかけらなのだと
意識を変えてみる。

真実は
実に分かりやすく

嘘は
無駄に複雑で分かりにくい。

分かりにくいなと思ったら
そこには
隠しておきたい何かがある。

もし
自分の人生に
複雑で分かりにくい出来事が起きているのなら
問題そのものを解決しようとするよりは

裏に
一体何が隠されているのかを
探って見たほうが良いのかもしれません。

それは
誰かが
隠してきたものだとも言えるし

自分が
自分に対して
隠してきたことでもあるんですよね。

もっともらしく見える
複雑さの中に

拍子抜けするほどのあっけない
真実を見つけてみてくださいね^^

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする