「想い」が世界を変える『孤高のメス』

映画「孤高のメス」
を見てみました。

全体を通して思ったのは
人々を変えるのは
「想い」なのだなということです。

もちろん
自分が周りを変えてやろう
という想いではないです。

患者を救いたい
医療を分け隔てなく人々に届けたい
自分の技術を高めたい
患者を含めた
その周りの人々の想いを無駄にしたくない

主人公の
さまざな想いが描かれていました。

その想いに
周りの人々は気付いたんですね。

自分の中にも
大切にしたい何かが
在るということに。

それによって
周りの人々の人生も
変わっていきます。

主人公は
周りの人々に
変わることを求めませんでした。

ただ自分のやるべき事をやる。

それを貫いただけです。

それだけで
世界は変わるんですね。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする