見せかけの終わりは旅の始まりの序章『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』

人を知り
自分を知り
自分の役割を知る。

人は
人生を旅する中で
自分の本質に出会う。

そこから
旅の第二章は始まる。

終わりの始まりは
寂しさが漂うけれど
命の力強さを教えてくれる。

映画
『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』
を見ました。

ロビン・ウィリアムズの
遺作となったこの映画

シリーズの完結編であり

一つの物語の終わりを
象徴する映画でした。

問題が発生して
大英博物館までやってきた
ラリー一行でしたが

それぞれが
旅の終わりを悟ります。

卒業旅行みたいですよね。

今まで
一緒に学んできた
友情というか
コンビネーションというか
お互いの関係性とか
確かめる旅になったのかなと

そして
新しい道へ
進むための準備の旅。

自分の場所へ
帰るための旅でもある。

宴は楽しいけれど
でも
それは
ほんのひと時のもの

変化し続ける
世界の中の一コマ

一瞬だからこそ
輝けるし
永遠を誓える。

でも
一瞬一瞬に
生きられることを知ったとき

永遠を
生きていることを
知ることにもなる。

パーティは
今の自分を忘れさせてくれる
仮装の空間。

自分の役割を
忘れさせてくれる。

演じるべき自分を
忘れさせてくれる。

でも
だからこそ
自分の役割を果すことの
大切さも知る。

宴を楽しみ

自分達が
人々に
提供しているものの本質を知る。

時空を
飛び越えてきた

その片鱗を
少しでも
人々に伝えたい。

今まで
その場所に
閉じ込められていたと思ったけれど

やっと
意識的に選べるようになった自分が
誇らしく思える瞬間。

そうなれば
後は
どんな時でも楽しむだけ。

今いる場所で楽しみ
パーティでも楽しむ。

どこにいても
幸せ。

旅の終わりは
旅の始まり。

見せかけの終わりは
旅の始まりの序章。

本当の終わりは
いつも
既に
次の物語が始まっていることを
気づかせてくれる。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする