自分を知り、限界を知り、怖さを知る『スパイダーマン3』

昨日はテレビで
「スパイダーマン3」がやってました。

「アメイジング・スパイダーマン」も
もうすぐ公開ですから楽しみです。

スパイダーマンは
ご存知ピーターが
特殊な蜘蛛に噛まれてスパイダーマンとなり
活躍する物語ですよね。

第一作目では
冴えない少年だったのが

蜘蛛に噛まれて
突如
力を得ることになります。

ピーターは
その力に酔ってしまい
ハメを外し
その結果
最愛のおじさんを失ってしまいます。

そのことがきっかけで
「スパイダーマン」が誕生します。

何をやっても
ダメだった自分が
本来の自分(スパイダーマン)に
なる物語。

第二作目では
ヒーローとして
学生として
多忙な毎日を過ごしているうちに

消耗し
自信を無くし
力を失ってしまいます。

しかし
愛する人を救おう決心したとき
自分の役割を理解し
力が復活します。

力を得て
そして
限界も知る

原点を見つめなおす物語。

第三作目では
更なる力を得て
自己を拡大させますが
そのために何もかもを失ってしまいます。

しかし
自分を見つめ直し
浄化出来た時

友も愛する人も
自分の元に帰ってくる。

自分を超えた存在に
心惹かれつつも
自分であることを選び直す物語。

この三部作は
ピーター(スパイダーマン)の
成長の物語だったんだなと
改めて思いました。

力を得て
自分を知り
限界を知り
怖さを知る。

その中で自分はこうありたいと
決めていくことこそが人生。

そのための
様々なシチュエーションが
この世界には限りなく用意されている。

その
どのシチュエーションを選択するかは
僕達に任されているだなぁと。

今度のスパイダーマンは
どんな選択するのでしょうかね。

「恐れるな。自ら選んだ、この運命を。」

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする