愛に形はない『八日目の蝉』

映画「八日目の蝉」

優しく愛してくれた、
でも犯罪者である、育ての母親。

「私」に
存在意義を見出そうとする、
本当の母親。

母親たちのようには、
なりたくないと思いながらも、
どう生きたら良いか分からない自分。

何もかもが狂ってしまい、
自分にとっての真実から、
誰もが目を背けてしまっている。

自分の中の過去に、
囚われ続けている。

あんなことさえなければ・・・

自分が生きた足跡を巡り、
育ての親の愛に気づいた時、

自分の奥底に、
閉じ込めてしまった、
本当の気持ちに気づいてしまった。

愛したかった自分に。

愛したかった誰かを、
愛しちゃいけないと知った時、
誰を愛したらいいか、
分からなくなってしまった自分に。

自分を愛していいんだ。

子供は、
自分の欠けた部分を
埋めるためのピースではなく、
ただただ愛する存在。

それを知ることができたのは、
二人の母親が示してくれた、
彼女たちなりの深い深い愛情。

自分の気持ちに気づいてみたら、
感謝だけが残った。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする