パイ作りは人生そのもの『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』

子供を産んで、
夢から覚めた。

子供を抱いて、
自分の生きる道を見つけた。

「ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた」
という映画を見ました。

主人公のジェンナはパイ作りが得意で、
お店で毎日オリジナルのパイを焼きます。

嫉妬深い夫に束縛されて、
パイ作りだけが、
彼女の人生で唯一の救い。

子供ができたことも、
夫から離れられない理由の一つになってしまいます。

でも、
子供が生まれた瞬間、
世界がガラリと変わるんです。

産みの苦しみに耐えた自分、
「生まれる」という体験。

夫から逃げられないと思っていたのは、
単なる幻想だったと気づくんですよね。

どうにもならない毎日から逃避するために、
パイを作っていたけど、
パイ作りが人生そのものだったことに。

そして、
自分の人生を生きると決めた瞬間、
自分のお店を持てるという、
素敵なプレゼントが届きます。

人生とは、
たかがこんなもの、

ではなく、

自分の目の前で
しっかりと息づいているものなんですよね。

そのことに気づくのに、
遅すぎるということはなくて、

いつからでも、
自分の人生を生きることができる。

人生の全てが、
パイ作りに込められている映画でした。

映画って、
色々な人生に、
様々な人のフィルターをかけて
凝縮して描かれるから、
一つ一つがシンボルとして染みこんでくるんですよね。

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする