存在の価値を確かめること『アラフォー女子のベイビー・プラン』

映画『アラフォー女子のベイビー・プラン』
を見ました。

冒頭のナレーションの中で
人類(human race)は
競争(race)が好きだと語ります。

人が誕生する前から
すでに競争が始まっていて

生まれからも
ずっと競争をし続けている。

でも
ウォーリーは
その競争から
降りてしまっている感があるんですね。

そんな自分に
物足りなさを感じつつ
淡々と生きている。

そんなある日
酔った勢いで
思いがけない行動に出てしまいます。

人生という競争を
ジャンプするような行為をしてしまう。

通常人が
何かを手に入れるためには
競争が必要だという
観念を持っている中で

それを
ないがしろしてしまった自分に
嫌気がさしてしまいます。

しかし
競争に勝って
やっと手に入れたと思っても
結局何も手に入らず

逆に
今のありのままの自分を受け入れて
自分に出来ることを精一杯することが

結局
望むものを
手に入れることになるのだと
悟るんですね。

大切なのは
競争ではないことを知るわけです。

自分の気持ちに気づくこと
自分の人生に気づくこと

真実から目を背けないこと

ネガティブなことを
引き寄せ続けてきたのだから

辛くて
苦しいかもしれないけれど
そのネガティブさを
そのままに受け入れてみる。

自分が引き寄せたものを
愛してみる。

それは
ただ我慢することとは違います。

気づき
積極的に
何かを見つけてみること。

都合の良い解釈ではなく
存在の価値
存在することの価値
を確かめること。

それが結局
自分が本当に欲しているものを
引き寄せることに
なるんじゃないですかね^^

ここまで
読んでいただき
ありがとうございます。

是非読んだ感想をお問い合わせにてお送りください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする