無力感一覧

NO IMAGE

死への憧れは無力感の表れ

僕にとって死ぬことは 亡くなった兄に対する対抗だった ということです。 僕が 生まれた時には 既に この世に存在していなかった兄は 両親の中で 曇りのない完璧な存在でした。 しかし 反対に 僕は両親にとって ダメなところばかりが目立つ 不完全な存在だったわけです。 僕は 必死に 兄のような存在に なろうとしていました。 でも どんなに頑張ったとしても 兄の代わりになれるはずもなく 死ぬことで 兄と同じ場所に立てると 思ったのかもしれません。